お酢で家庭料理をもっと作ろう

家庭料理というと、市販の惣菜よりも愛情がこもっているのでできるだけ作ってあげたいですね。お弁当を作ってもらったときや、通販のお酢でおかずを簡単にはとても楽しみです。そんな時、体によいお酢をもっと使うようにしましょう。お酢は、抗菌作用があるので、それを使うことによりお弁当の防腐作用を期待することができます。お弁当には、お酢を使った料理を入れる事をおすすめします。
家庭料理はお酢で簡単でおいしいくなることをお伝えしたいと思います。

・鳥と卵のお酢を使った煮物
煮物は、家庭料理として欠かすことができません。おふくろの味としても煮物が上がることが多いです。煮物を食べることにより、ほっとするからなんですね。日本人としてほっとすることができる料理として煮物があります。
その煮物は、お酢を使うことができないと思っていませんか?お酢を使うと、肉類をう柔らかく煮ることができるので、ぜひ使いたい調味料です。その中でも、特に鶏肉との相性がいいのです。
鶏肉は手羽先でも、通常のもも肉でもOKです。少しこくのある味にしたいので、やっぱりさっぱりしたササミよりも、もも肉を使います。そして味付けとして、甘酢と醤油を一緒に入れるとさっぱりとした味にすることができます。そして、一緒に煮るものとして、卵がいいですね。卵もお酢を含むことによりさっぱりした味になります。緑の野菜として、そらまめやなどがベストです。枝豆を入れてもOKです。とてもさっぱりとして、美味しく食べることができます。
それならお弁当にも入れることができますね。

・大根と人参の酢の物
酢の物というと、口直しやさっぱりとさせたいときに食べることが多いですね。その時、定番のモノとして大根と人参の酢の物があります。それらは、一度は食べたことはあるのではないでしょうか。少し甘くして、酸っぱさがある味はクセになります。疲れている時、胃が弱っていて食べたくない時などに大根やお酢が効果があります。